ニキビ 良い食べ物

ニキビに効果的な食べ物の話

ニキビがどうしても出来てしまうことってあります。
特に生理前とかはホルモンバランスが崩れちゃうから生活をしっかり見直している人でもニキビができがちです。

 

そこでニキビに良い食べ物を食べた方がいいんじゃないかって話になると思いますが、巷で紹介されているものはほんの一例だし、誰でも効果が出るわけではありません。

 

だからニキビが治らないのをあまり責めるのだけはやめた方がいいです。
そうしたストレスがニキビを悪化させてしまうからです。

 

とはいえ、ニキビに良いとされる食べ物にもきちんと根拠はあります。
例えば果物類ですね。今や化粧水の中にもビタミンC誘導体が入っていたりします。

 

ビタミンCは美肌効果抜群なので、ニキビに限らず肌荒れしやすい人におススメです。
ただし水溶性のものがほとんどなので、継続的に食べることが必要になってきます。

 

手軽にサプリメントで補給するっていう手もありますよ。
それから、大人ニキビが出来る大きな要因の一つが女性ホルモンの乱れ。

 

これは仕方のない部分でもありますが、なるべく波風を立てないようにするために大豆の力を借りるのがおススメです。

 

いわゆるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、納豆やきなこといった大豆製品を食べることは、身体にとってもニキビにとっても良いとされています。

 

それと、砂糖は肌の老化を助けてしまうので、ニキビも治りにくくなってしまいます。
なるべく白い砂糖は避けて、黒糖やはちみつなどの自然の甘味料を食べると、ニキビもできにくくなります。

 

あとは、美肌対策としてハーブティーなんかもおススメです。
コーヒーや緑茶はどうしてもカフェインが入っていて刺激物になります。

 

ニキビが出来るような弱っている肌には特に刺激になるので、代わりに刺激にならないハーブティーが肌にはいいんです。

 

先ほどあげたビタミンCの多いローズヒップなんかも良いですし、安眠を誘うラベンダーも、肌を修復する作用があるとされ、いつでも飲めるのでニキビ対策にぴったりです。